All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'06.11 (Mon)

ティーンズスタジオ「土曜工房」

府中市美術館
ティーンズスタジオ「土曜工房」
平成19年6月1日~平成20年3月31日

0.「My Museum, My Life~美術館で美術館づくり~」
期間:4月21日~5月26日
講師:横須賀ヨシユキ さん
1.「スクウェアワン石膏による造形」
期間:6月2日~7月14日
講師:鈴木基真 さん


今年から、府中市美術館で新しくティーンズスタジオ「土曜工房」が始まりました。
10代を対象にした創作プログラムです。登録した人は、一年間で好きなプログラムに参加できます。
4~5月は、準備期間ということで、登録に関係なく誰でも自由に参加することができます。


5月5日、私は初のサポート活動に参加してきました。
Aptaが代理担当者だったので、プログラムの説明などもなく進みました。後で聞いたら、通常はちゃんと説明をして、一日が終わったら反省会もしているそうです。

この期間のプログラムは、「My Museum, My Life~美術館で美術館づくり~」。
連休中で、なお且つ府中はくらやみ祭りの真っ最中。参加者がいるかと心配しましたが、4人来てくれました。小学生5年生と中学1年生。
スタッフは、講師の横須賀さんとそのサポートの方、Aptaのまりこさん、サポートスタッフが2人です。
前回は、小さなボックスの中に自分のMUSEUMを作って覗き窓から覗くと、鏡がの効果で不思議な世界が見えてくるというMy Museumを作ったそうです。この日はそれをもう一度作った後、大きな紙に私達の街(府中市)を描きました。


スタッフの手が余っているので、サポートスタッフも一緒にMy MUSEUMのボックスを作りました。
ボックスの横の覗き窓から覗くと、合わせ鏡の効果で思いがけない世界が現れます。出来上がって覗くまでのワクワク感があって、大人も子どもも盛り上がりました。

その次は、”My life”私達の街づくりです。まず、黒板にレイアウトしていきます。でも、中学生の男の子がいたずらをして、街のあちこちに「おでん」「おでん」「おでん」。何でおでんなの~??そういえば、中学校の頃いました。こんな男の子。でも、なんとか地図の下絵完成です。

用紙には海、森、幹線道路、駅、線路と大きな物から順に描きました。巨大な用紙なので、スタッフも一緒に作業します。
その合間に、街に置くお店や、橋、乗り物など、立体物を作る子もいます。まだBOXを作っている子もいます。
学校と違って、それぞれのペースでできるところもいい感じです。
のこぎりなどの道具も、使い方を説明して使わせました。最近の子どもたち、いや大学生でもカッターの使い方さえも知らないことがあって、驚くことがあります。こういう経験って大事ですよね。

さて、そうこうしているうちに、あっという間にタイムオーバー。この日の制作は終わりです。
街に置いた造形物も、一旦、片付けて、次回続きをすることになりました。

残念ながら、私はその後、都合が悪くて完成を見ることはできませんでしたが、6月9日に行ったら横須賀さんが写真を見せてくださいました。大きな用紙がいろいろなもので埋め尽くされて、とっても楽しそうでした。
スタッフからは、展示ができればよかったとか、美術館に写真を貼ったらどうかという意見も出ました。横須賀さんがブログかなにか、ネットで見られるようにするつもりだそうです。
ティーンズスタジオ「土曜工房」用のブログがあればいいんじゃないでしょうか。ティーンズなら、ネット活用率も高いはず。


さて、6月9日は、「スクウェアワン石膏による造形」の第二回目。
展覧会ついでに覗いたら、この日の制作は既に終わって片付け時間でした。
いつの間にやら参加者も10人以上いました。でも、小中学生かな。
土台の上にドロドロの石膏を乗せていき、固まったら彫刻刀で削って形を作っていきます。固まった石膏や、削った石膏かすで、みんな真っ白。ウッドデッキに出て、ジャバジャバ洗っているところでした。

まだちょっとしか見ていませんが、年齢の対象が、小中学生向けのプログラムかなという感じです。10~19歳対象というのは、年齢の幅が大きすぎて難しいのではないでしょうか。
内容は、継続して足を運びたくなるようなプログラム構成になっていて、いい感じでスタートしていると思います。
府中市美術館の看板に成長してくれるといいですね。

ちょうどいいタイミングで、読売新聞に府中市美術館の記事が載りました。(2007年6月8日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/20070608wm00.htm

※6月24日追記
「My Museum, My Life~美術館で美術館づくり~」講師の横須賀ヨシユキさんのWEB
[df] ディフェンダーグラフィックス[df] ディフェンダーグラフィックス
関連記事
スポンサーサイト
02:09  |  ボランティア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://museumnews.blog61.fc2.com/tb.php/26-929fe428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。