All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'02.13 (Tue)

大田区立郷土博物館「大森麦わら細工 作品展―輝け!私たちの麦わら細工―」

大田区立郷土博物館
「大森麦わら細工 作品展―輝け!私たちの麦わら細工―」2007年2月11日~4月8日



江戸時代に東海道のお土産として作られていた「大森麦わら細工」の展覧会が開催されています。
大森麦わら細工は今は技術が途絶えてしまいましたが、明治には産業博覧会に出品されたり、海外へ輸出されたりなど、日本を代表する伝統的な産業だったようです。
この展覧会では、江戸時代に職人が作った美しい麦わら細工と、技術の復元活動で制作された作品、さらに区内小学生による麦わら細工の学習成果の作品などを展示しています。



江戸時代の麦わら細工は、細かい細工と麦の特殊な光沢でとても美しい作品です。米粒どころか、粉のような細かい麦片の細工もあって驚きます。
兵庫県城崎では現在も技術が伝わっていて、新しい作品が作られています。こちらは、現代的なかわいらしいデザインのものもあって、真似してみたくなります。
博物館は「大森麦わら細工の会」と協働して、途絶えてしまった大森麦わら細工の技術復元にも取り組んでいます。その成果の、編み細工と張り細工も展示されていました。編み細工はとても難しくて、今のところ2、3人しか作れる人はいないそうです。細かい作業なので、若手の技術継承者募集中だそうです。
張り細工は、これまでにも何度か体験学習会が開催されています。私も前に作りました。板に張るだけの張り細工は簡単ですが、全面模様にしたり、背景に絵模様を付けたりするのは、思い通りにならずに苦労しました。
また、博物館と江戸麦わら細工研究会の金子先生の活動によって、区内小学校の多くで地域学習の一環として授業に麦わら細工づくりを取り入れているそうです。この展覧会では、そうした活動の紹介と作品の展示も行われています。この中から、新たな技術復活の継承者が誕生…なんてこともあるかもしれません。



展示を見て作ってみたくなった人のために、麦わら細工づくりキッドも販売しています。写真と解説と以前の図録を収録したCDもありますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
3月10日・24日には麦わら細工体験、3月11日・25日にはワークショップも開催されます。

-------------------------------------------
麦わら細工関係のリンク

【大森麦わら細工】
「お仕事ナビ 大田区」に、大田区立郷土博物館の「大森麦わら細工の会」による、麦わら細工復元の記事が載っています。
http://www.pio.or.jp/qjin/blog/index.php?ID=267
「大森麦わら細工の会」

【城之崎麦わら細工】
「るんるんテレビ」で、城崎の麦わら細工職人(かみや民芸店の神谷勝さん)の映像を紹介しています。
http://www.run2.tv/modules/videocast/view.php?vid=302
取材、撮影、編集を担当されている「みさと」さんのブログからも見られます。
http://misato831.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/__9a50.html
かみや民芸店

同じ城崎の81歳の現役職人・前野治郎さんは、「JAたじま」の生涯現役で紹介されています。
http://www.ja-tajima.or.jp/e-relation/active/2006/11/post_7.html

城崎民芸館では、麦わら細工作りが体験できます。「杏奈's ヒトリゴト」さんのブログにかわいらしい作品付きの体験記があります。
http://yaplog.jp/002170/archive/102
城崎文芸館
城崎麦わら細工伝承館

「城崎温泉動画館」にも映像があります。
http://www.kinosaki-douga.jp/home.html

【世界の麦わら細工】
「sopo」さんのブログには、フィンランドのクリスマスオーナメントの写真が載っています。ヨーロッパでは、麦わら細工で作ったクリスマスオーナメントがあります。フィンランドでは、「Himmeli(ヒンメリ)」と言うんですね。
http://yaplog.jp/maco-motion/archive/204

「Erzgebirgische Volkskunst Collection」には、 日本玩具博物館で撮影した東欧の麦わら細工の写真が載っています。
http://homepage2.nifty.com/erz-collection/museum.report1.photo7.html

麦わらを使った工芸品作りは、日本だけではありません。フェアトレードのシャプラニールでは、バングラデシュの麦わら細工カードを販売しています。
http://item.rakuten.co.jp/craftlink/c/0000000167/
03:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://museumnews.blog61.fc2.com/tb.php/45-dfae8224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。