All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'10.25 (Tue)

アートは死んだか?!2055年第19回横浜トリエンナーレ!

ビュランの旗9月28日から横浜の山下埠頭で、横浜トリエンナーレ2005が開催されています。私はサポーター(ボランティア)として、参加しています。
会場はあまりにも広い上に、休憩時間はあまりないので、まだ全貌を把握していませんが、見たものから少しずつ紹介して行きたいと思います。

会場の入口からメイン会場までは、徒歩10分、またはシャトルバス2分ですが、天気のいい日は歩いて行くことをお薦めします。徒歩のプロムナードには、ダニエル・ビュランの作品である、赤と白の旗が延々と続いています。会場へ向かう人たちを歓迎しているかのような雰囲気で、気分が盛り上がること間違いなしです。シャトルバスは別の道を通るので、ビュランの旗を見ることはできません。

私がお手伝いしているのは、地図4Cの?13、キュレーターマンのSUPAR (M)ARTゲームです。キュレーターマンの正体はナウィンという作家さんです。私が横トリのサポーターに応募したのは、ナウィンのファンだからなのです。ミーハーな理由でごめんなさいっ。
今回の作品は、コミュニケーションをテーマにしてきたこれまでの作品と少々違っているので、最初は戸惑いましたが、これまでの制作の繋がりの中で生まれてきた作品のようです。(その辺のことは、美術手帖10月号「特集・横浜トリエンナーレへ行こう!」の45ページをご覧くださいませ。)
この作品は、現代のアート業界を皮肉ったアートゲームです。50年後の横浜トリエンナーレでは、ARTがMARTに支配されてしまったという設定で、参加者は、キュレーター、アーティスト、ギャラリスト、クリティックの4種類のいずれかのゲームに参加します。勝者は、CEO(最高経営責任者)ゲームに勝ち進み、最終日にはSUPAR(M)ARTISTIC CEOが決定されます。
ゲームは、金曜5時~、土曜と日曜日11時~、14時~に開催されます。参加申込は、電話080-5427-5979(毎日10時~18時)まで。午前の回なら直前でも参加できる可能性大、午後の回は午前中の内に申込を済ませた方がいいでしょう。参加者全員にメダル進呈、勝者はその他特典ありです。人気のアートゲームに、あなたのエントリーをお待ちしております!!
それから、ゲームマスター(進行役)のサポーターも募集しております~。

03:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://museumnews.blog61.fc2.com/tb.php/75-503d096e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。