All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.17 (Mon)

大田区立郷土博物館 特別展「雪ヶ谷貝塚」

大田区立郷土博物館
特別展「雪ヶ谷貝塚―縄文時代前期の文化と環境」 平成20年10月12日(日)~11月24日(月)

雪ヶ谷貝塚は、2000年にマンション建設に伴う本格的な発掘が行われた遺跡だそうです。
都内では比較的大規模だということで、区民にも名前が知られているようです。


発掘された土器は、友の会の協力によって復元されたというパネルと、復元した人の名前も付いていました。復元には器用さが必要のようです。
半分以上が、雪ヶ谷貝塚以外の資料だったので、あれ~という感じでした。
同時代や関連するような遺跡の遺物が展示されていて、それはそれで面白かったです。

驚いたのは、縄文時代は、草創期、早期、前期、中期、後期、晩期の6時代に分けられるだけでなく、前期は更に花積下層式、関山式、黒浜式、諸磯式、十三菩提式の5段階に分けられるのだそうです。これは、初めて知りました。
でも、前期だけで1000年もの開きがあるのだから、それも当然か。

縄文は、土器の模様を見ているだけでも、とても面白いです。ゲージュツですよ。


常設展示は、昭和30年代のくらしを復元した触れるコーナー、漁業や海苔の模型を使った展示などがあります。現在の大田区の町並みを見ると想像もできないような光景が、50年前には当たり前に存在したんですね。

(見学日:2008年11月12日)
関連記事
スポンサーサイト
19:43  |  展覧会レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://museumnews.blog61.fc2.com/tb.php/90-06bdc9d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。