All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.04 (Thu)

横浜人形の家

優品展「日本の人形芸術」2008年9月20日~12月14日

2006年にリニューアルした横浜人形の家に初めて行ってきました。
導入部分は、横浜ならではの横浜開港と人形のかかわりについて、青い目の人形の展示などがありました。
ワールドフェスティバルは、世界各国の人形の展示です。日本だけでも、日本人形から郷土人形までさまざまあるので一概には言えないかもしれませんが、改めて日本の技術の高さを実感しました。

常設の一部として、優品展を開催していました。人形制作を芸術として評価されるよう力を尽くした人々の作品が展示されていました。生人形の流れをくむ平田郷陽(二代目)の作品は、人形の表情や体の動きなど、表情豊かで見ていてあきないほどです。
展示の最後は、日本人形とビスクドールの制作過程のビデオと材料の比較展示があり、興味深かったです。

この日は、ちょうど企画展の展示替え期間でしたが、さまざまなテーマの企画展も多数開催されています。

神奈川県横浜市中区山下町18番地
開館時間 午前10時~午後6時30分
休館日 7月、8月、12月を除く、毎月の第3月曜日
    (祝日にあたる場合、その翌日)、臨時休館日
入館料 大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)150円
公式サイト By(財)横浜観光コンベンション・ビューロー
http://www.welcome.city.yokohama.jp/doll/
公式サイト By委託管理者
http://www.museum.or.jp/yokohama-doll-museum/

(見学日:2008年12月3日)
関連記事
スポンサーサイト
13:11  |  展覧会レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://museumnews.blog61.fc2.com/tb.php/91-44d16f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。