All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.23 (Fri)

世田谷区立郷土資料館 

季節展「ボロ市の歴史」2008年12月13日~2009年2月1日



昨年の12月15日と1月15日に世田谷ボロ市に行ってきました。
そして、1月には毎年恒例になっている世田谷区立郷土資料館のボロ市の企画展も見てきました。
ほぼ毎年見ているはずなのですが、一年経つと忘れているんです。

ボロ市は、資料館がある代官屋敷通りを中心に開催され、大勢の人が訪れています。
資料館は、トイレを利用する人、休憩する人、館内を見学する人などで大混雑。
職員も特別体制で対応しているそうです。ご苦労様です。

今回の展示で気が付いたのは、"二つ"のボロ市。

一つ目は、1月と12月の二回のボロ市。
元々12月に行われていたが、明治に太陰暦が採用された。しかし、農家では旧暦または月遅れで正月行ったので、そのために1月15日の市が行われるようになったそうです。

二つ目は、15日と16日のボロ市。
これは、元は15日だけの市だったが、15日が雨で商品が売り残った年に16日も開催したことがあった。次第に、天候や商品の売れ行きに関係なく二日間行われるようになり、戦後には2日間が定着するようになったとか。

三つ目は、上町と下町のボロ市。
元は、両方で行われていたが、下町の市の数が減ってゆき、やがて上町だけの市に定着するようになったそうです。

ボロ市は、今年で431年の伝統を持つ、東京都指定無形民俗文化財の行事です。

東京都世田谷区世田谷1-29-18
電話 03-3429-4237
開館時間 9:00~17:00
休館日 毎週月曜日、国民の祝日(月曜日が祝日の場合はその翌日も休館、年末年始
入館料 企画展観覧料は展覧会によって異なる

http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004199.html

(見学日:2009年1月15日)
関連記事
スポンサーサイト
12:37  |  展覧会レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://museumnews.blog61.fc2.com/tb.php/97-dd9c7651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。